買い足すのがもったいないから…と、ついつい多めに購入してしまった年賀状。使いきれず余らせてしまった。書き損じのはがきが意外と多く出てしまった。なんてことはありませんか。そのまま家に放置しておくとゴミになってしまいますが、有効活用してみましょう!まず一番に思いつくのは、郵便局に持ち込むことではないでしょうか。1枚につき5円の手数料がかかりますが、切手やはがきに交換してもらえます。現金との交換はできないとはいえ、切手や新しいはがきに交換してもらえば、今後使用することもできますね。特に最近はフリマアプリを使用している方も多いはず。切手に交換してもらえば、商品を発送するときにも使えますし、切手を商品として出品することもできますね。また、宛名の面の「年賀」という文字を二重線で消せば、普通のはがきとして使用することも可能です。特に懸賞応募で大量にはがきを使用する方は、余った年賀状を使用すれば経済的ですよね。「年賀」の部分を二重線で消していないと、来年のお正月に配送されてしまうので要注意!懸賞応募がお好きな方は、ぜひ余った年賀状も活用してみましょう。現金で換金したいという方は、買取ショップへ持っていきましょう。シーズンや特殊印刷、キャラクターものなど、買取金額は変動するので調べてから持ち込みたいですね。他にもユニセフなどの団体に寄付し、社会貢献する方法もありますよ。未使用はもちろん、書き損じの年賀状も寄付できます。余った年賀状は家に置いておくと1円にもなりませんが、換金をして再活用してみませんか?

新しい年がスタート!早々と神社などに初詣に行った方も多いのではないのでしょうか。初詣に行けば、やはり1年の運試しとして「おみくじ」をする方が多いですよね。「大吉が出た!」という、非常に幸先の良い1年がスタートした方もいらっしゃるはずです。そんな縁起のいいおみくじは、持ち帰り大事に保管している方も。しかし、その持ち帰ったおみくじ。一体どのように処分すればいいのでしょうか。そのまま捨てようにもなんだかバチが当たってしまいそうですよね。しかし、おみくじは実は、不敬に扱わなければ、どのような処分の仕方でも問題はないようなのです。要は、どのようにおみくじを扱うかということが大事なのですね。家のごみ箱にそのまま捨てるのはちょっと…という方は、神社に持っていけば間違いはないでしょう。おみくじをひいた神社に持っていかなければいけないと思っている方も多いですが、必ずしもおみくじをひいた神社でなければいけないわけではないようです。近くの神社に持っていき、神社にある古札入れやお守り授与所に返納すればOK。全く違う神社のおみくじ複数を、一緒に別の神社に返納しても問題はないそうなのです。どうしても神社に持って行けないときは、ビニール袋にお清めの塩とおみくじを入れて捨てるという方法もあります。お清めの塩を一緒に入れることで、そのまま捨てるより気にならないのではないでしょうか。ビニール袋ではなく、きれいな和紙に包んでもいいですね。感謝の気持ちを込めて手放せばOKです。